忍者ブログ
ちょっと哲学的な、でもよく考えると笑えてしまうおかしなジョークコピペの紹介ブログです。
学部長が物理学の教員に言った。
「君たちにはずいぶん研究費を使っているな。実験装置だのスタッフだの、
まったく金ばっかり使って困ったものだ。
数学科のようにはいかんかね。あそこでは鉛筆と紙とゴミ箱しかいらんぞ。
哲学科のようだともっといい。あそこは鉛筆と紙しかいらんからなあ。
PR

アメリカの棺桶会社の、画期的な長期アフターサービス
(某欠陥電池製造会社も見習うべき?)

「あなたの地下の休息の最初の100年であなたがシールの故障のために湿気または他の
侵入を経験するならば、すぐに我々の無料の番号に電話してください。
そうすれば、修理工はあなたの墓地を訪問し、あなたの棺を掘り出して、必要な修理を
し、すべてをその最初の状態に戻します。追加出費は全く必要ありません!」

こんばんは、
燃えPaPaです。


アメリカの棺桶会社の、画期的な長期アフターサービス
(某欠陥電池製造会社も見習うべき?)

「あなたの地下の休息の最初の100年であなたがシールの故障のために湿気または他の侵入を経験するならば、すぐに我々の無料の番号に電話してください。
そうすれば、修理工はあなたの墓地を訪問し、あなたの棺を掘り出して、必要な修理をし、すべてをその最初の状態に戻します。追加出費は全く必要ありません!」


---

そりゃそうだろww
もう本人天に召されてるがなww



燃えPaPa

こんばんは、
燃えPaPaです。

ちょっとシュール過ぎるコピペを

---

ある男が結婚しようと、新聞広告を出した。
「妻を求む」
何百通と届いた手紙。内容はすべて同じだった。

「私のをあげますよ」

---

手紙全部旦那からのかいっ!?ww
どんだけみんないらないんだw


燃えPaPa

医者と弁護士と数学者が、妻と愛人のいずれを持つべきかについて議論していた。


弁護士:「何てったって、愛人に決まっているじゃないか。もし嫁さんと離婚しようとしたら、法的問題が山積みだぜ。」
医者:「勿論、妻に決まっている。安心はストレスを減らしてくれるし、健康にも良いだろう?」
数学者:「君達2人とも間違っているね。どうせなら2人共持つのが最高さ。奥さんが『どうせ愛人と居るんでしょ』と考えて、愛人が『どうせ奥さんと一緒なのね』と考えてくれれば、どこかで好きなだけ数学が出来るだろう?」


教会での結婚式に参列していた小さな男の子が小さな声でママに訪ねた。

「 ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの? 」

「 白いウェディングドレスは,幸福の色なのよ。 人生で一番幸せな日に着るのよ 」

「 フーン 」 男の子はしばらく考えて,また聞いた。

「 じゃ,ママ。なんで隣の男の人は黒い服を着てるの? 」